10万円で始めるクロスバイク生活

20万円ではじめるロードバイクライフのバリエーションとして、10万円で始めるクロスバイク生活、というのを考えてみました。CyclingEXでは何度か書いてますが、生活の中で「軽くて速い自転車を使いたい」と思ったら、そりゃもうクロスバイクが第一候補でしょう。街中で使うならロードバイクよりも現実的です。クロスバイクを買って2年以内にロードバイクを買った人を嫌というほど(嫌じゃないけど・笑)見てきましたが、それでもクロスバイクはクロスバイクとして残しておけば、普段使いできるスポーツバイクとして便利です。

さて、ここでは、10万円という予算から逆算して考えましょう。まず、クロスバイク本体以外に必要なものと金額を出していきます。価格帯としては、お手頃なモノを中心に。

・フロアポンプ:5,000円
・携帯ポンプ:3,000円
・携帯工具:2,000円
・タイヤレバー:600円
・予備チューブ:800円
・サドルバッグ:2,500円
・ヘッドライト:3,000円
・テールライト:2,000円
・ヘルメット:10,000円
・グローブ:3,000円
・アイウェア:10,000円
・メーター:6,000円
・ボトルケージ&ボトル:2,000円

さ、足し算足し算。
ここまでで、49,900円ですね。

ちなみに筆者が昔クロスバイクを買ったときは、最初はメーターとサドルバッグ、アイウェア、グローブを後回しにしまして、毎月1アイテムみたいな感じで買い足していきました。

自転車本体は、ライトウェイ・シェファード(44,940円)なんかどうでしょう。

090812_cross

リンク: ライトウェイ-シェファード_9792636.

ここまでで、94,840円。インナーパンツ(3,500円)が1着買えますね。

リンク: CyclingEX: サイクリングの股擦れ対策っていったらやっぱコレっしょ!.

どうでしょうか。「結構かかるなぁ」と思う人が多いかもしれませんね。

追記:なんか忘れてると思ったらカギでした。カギ買ってジャスト100,000円ってところでしょう。

リンク: クロスバイクカタログ by CyclingEX.

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです