自転車を鉄道に「そのまま」持ち込まないで

首都圏の鉄道駅にこんなポスターが出ているのをご存知ですか?

持ち込まないで
持ち込まないで / macforest_1975

さすがに、首都圏の通勤電車で「そのまま」はまずいっす。でもこういうポスターがあるってことは、持ち込む事例が増えたからなんでしょうね。

輪行袋による輪行、むかしは有料だったんですよ。それを先人たち(サイクリング協会等)の熱心な活動により、無料になったんです。

リンク: 輪行 – Wikipedia.

以前は、交通機関として自転車と電車は競合するとして、競技の道具と明確化できるアマチュア登録選手、競輪選手にしか許可されなかったが、日本サイクリング協会が「趣味としてのサイクリング用」として認知させることで一般サイクリストにも道を拓いた。許可制だった当時は、日本サイクリング協会会員のみの許可(会員証提示)、更に帆布製の輪行袋を使用する事が義務づけられていた。会員証提示の廃止を経て、1999年1月JRグループがアマチュアのサイクリストについては無料で自由持込を認め、今に至る(競輪選手については現在も有料)。

(須貝弦)

Jitensyagaku_110415

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです