GIANTのラボバンク・レプリカで誰でも「なりきり」レーサー!

Grischa Niermann - Rabobank
Grischa Niermann – Rabobank / Dana Lookadoo

今年のツアーオブカリフォルニアを走る、ラボバンク所属のグリシャ・ニアマン。

プロライダーの熱い走りと最高の機材は、常に多くの人を魅了しています。この時期、ジロ・デ・イタリアにハマッている人も多いことでしょう。

このニアマンが駆る、つまりラボバンクに供給されているバイクは、レースの世界ではもはやおなじみとなったGIANT(ジャイアント)のフルカーボンフレームです。白いカラーリングに青いロゴというシンプルなデザインなのですが、今期のレースシーンに投入されているバイクの中でも抜群のかっこよさなんじゃないかと、個人的には思っています。

さて、プロがレースで使う自転車は、レース用のスペシャルだったり、もしくは市販品だったり、さらには次の年に市販する予定のプロトタイプだったりと様々なのですが、クルマやモーターサイクルなんかと比較すると、「選手と同じモノ」が買える確率は高いと思ってよいでしょう。また、グレードは下位でもプロチームと同じカラーリングのモデルなら、雰囲気も出るというものです。GIANTも、さっそくRabobankレプリカを市場に投入してきました。

リンク: 2009 Giant Bicycle 【INFORMATION】.

ジロ・デ・イタリアで活躍中のプロロードチーム「ラボバンク」。
自転車王国オランダを代表する名門中の名門であり、
現存するヨーロッパのプロロードチームで最古参の同チームに、
ジャイアントは2009シーズンから全面的に機材供給を開始。

その提携を記念して、チームレプリカモデルを限定発売。
現行チームバイクそのままのカラーリングを纏う3車種は、
いずれも2010年ラインナップの先行販売となります。

090525_tcradslrabo
TCR ADVANCED SL RABOBANK。787,500円(税込)で、まんま(気分は)プロレーサー! でも遅いと恥ずかしいぞ!

090525_tcradrabo
中堅グレードのフレームを使った、TCR ADVANCED RABOBANK、262,500円。これでも十分に「なりきり」可能です!

090525_tcxrabo
こちらはシクロクロスレーサーの、TCX RABOBANK、168,000円(税込)。シクロクロスとは、ドロップハンドルの自転車でダートコースを走り、ときには斜面を駆け上り、下り、自転車をかついで障害物を越えたりと、結構しんどい泥んこレースのことです(冬場にやります)。シクロクロスレーサーにまでレプリカモデルを用意しちゃうあたり、さすがGIANTですね。もとろん、ラボバンクにシクロクロスの選手がいるからなんですけど。

というわけで、これらのモデルは2010年モデルの先行発売として、台数限定でリリースされるそうです。

リンク: 2009 Giant Bicycle.

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like