2つの「個人タイムトライアル」

週末には2つのTTレースが行われました。

実業団レースの「全日本実業団個人タイムトライアル選手権大会」(つがいけサイクル2006と併催)は、シマノレーシングの土井雪広選手が優勝しました。公式リザルトによると、上位の結果は以下のとおり。

1 土井雪広 シマノレーシング
2 田代恭崇 チームブリヂストン・アンカー
3 増田成幸 ミヤタスバル

一方、秋田県大潟村で行われたのが「2006年全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース」。こちらはディスカバリーの別府史之選手が優勝しました。JCFが発表したエリートクラスのリザルト上位3名は以下のとおり。

1 別府史之 ディスカバリー・チャンネル
2 飯島誠 チームブリヂストン・アンカー
3 岡崎和也 Team NIPPO

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like