南信州ステージはカルデナス!

リンク: 9th TOUR OF JAPAN 第3ステージ リザルト

飯田市で開催された、TOJの南信州ステージは、バルロワールド・バルジールに所属するフェリックス・カルデナスが穫りました。日本人ではミヤタスバルの真鍋選手の10位が最高。

個人総合トップもカルデナスのものとなりました。日本人では、愛三工業の別府匠が23秒遅れの5位。昨年総合優勝のブリヂストン・アンカー 福島晋一選手は、1分37秒遅れの19位と苦しくなりました。

カルデナスは一昨年と昨年のヴエルタ・ア・エスパーニャで山岳賞と獲得した選手なので、山岳コースはお手のもの。2001年にはツール・ド・フランスでのステージ優勝も経験。今回のTOJでは「カルデナスを見たい」という人も多かったようです。ちなみに自転車はデローザを使っています。っていうか、ウィズミラックとバルロワールドはチームの格が飛び抜けてるような。

なお、第3ステージの展開についてはスミタラバネロパールイズミのサイトが詳しいです。

リンク: スミタラバネロパールイズミのレポート

キャットアイ サイクルコンピュータ/CC−CD300DW【ダブルワイヤレス】 [455545]

キャットアイ サイクルコンピュータ/CC−CD300DW【ダブルワイヤレス】 [455545]

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです